柿渋・カキタンニンおもしろ科学教室

1.講義の部
  (講師)鹿児島大学名誉教授松尾友明

  その1 生物学的化学的側面から見た!

    前半  カキタンニンについて  (26分)
 
   後半  カキタンニンから柿渋への変化とその利用について (20分)


  その2 天然高分子化学的側面から見た!

    <制作準備中。乞うご期待!> 

2.実験の部

 その1 化学編 
柿の渋味成分とは? 特性・特徴
前半 (12分)
・ さまざまな柿の渋さ  タンニンプリント  鉄イオンとの結合・発色
・ どのくらい渋いのか?  さまざまな濃度で試す

後半(12分)
・ なぜ渋味を感じるか? タンパク質との結合・沈殿
・ 分解すると赤い色素に アントシアニジンの生成 塩酸ブタノール反応  
・ 渋味成分の定量   塩酸 バニリン試薬



 その1 化学編 <続編 秋の部>
前半 (8分)
・秋の柿の渋さ   渋柿 vs 甘がき vs 渋抜きをした柿
・タンニンプリント  鉄イオンとの結合・発色


後半(9分)
・ 渋抜きをした渋柿の渋味成分はどこへいったのか?  
・ 試薬による反応と柿の染色

  その2 物理編

    <制作準備中。乞うご期待!> 

3.簡易英語版

    <制作準備中。乞うご期待!>