お知らせ

特別講演会、定時総会等の開催<終了>

 

当研究会では、平成29年度の定時総会・講演会を76日に開催しました。

<開催前にご案内した内容は以下の通りです。>

総会の開催に先立って、会員の皆様方に役立つような知識や技術の発掘、技術交流を目指した特別講演会を開催します。長年、柿渋に関わっている二人の講師による魅力ある話題提供ですので、多くの方々が積極的にご参加され意見交換の場にしたいと存じます。

 

講演1では、「柿の歴史、伝統文化、民間伝承などの話題から、衣食住の生活と密着した様々な機能性、新しい研究の取り組みなどを紹介。

講演2では、柿渋の主成分であるカキタンニンに注目して、ポリフェノールの進化、カキタンニンの特性・特徴と未知なる可能性、新規柿渋製品の開発について解説。

 

この特別講演会は自由参加で、内容に興味ある方はどなたでも参加できますので、新しい視点の発見、発想の転換や新規の商品開発につながるヒントが生まれることを願っております。

特別講演会への参加ご希望の方は、当ホームページの「講演会などのお申込み」からお手続き願います。(会場の都合から7月3日まで)

 

◎開催日時:平成29年7月6日(木曜日)15時~ 30分前から受付致します

◎開催場所:薬膳レストラン「あわさい」     ※会場はホームページをご参照下さい

     (住所:京都府木津川市兜台6丁目6-4  http://www.awasai.com/?page_id=26 )

◎特別講演会の開始15時~ (参加費無料)

  ■講演1「柿のよもやま話」濱崎 貞弘(奈良県農業研究開発センター 統括研究員)

  ■講演2「カキタンニンの基礎研究から応用へ」松尾 友明(柿渋・カキタンニン研究会会長)

◎平成29年度定時総会の開催1630分~ ※研究会に入会された会員が対象です。当日入会も可能で申込みいただけますが、議決数からは除かれます。

◎研究会の懇親会 1720分~ 1階レストランにて約2時間(当日までの会員が原則対象、会費制、事前申込みをお願いします)