第4回ワークショップのご報告

本ワークショップは積雪のため中止となりました。
ホームページにての苗の状態のご報告にかえさせていただきます。
「柿渋データベース」の「柿渋原料柿」カテゴリをご覧ください。

柿渋原料柿、天王柿の発芽と育苗の観察会と増産に向けた市民交流会<中止>

柿渋は様々な利用が可能な非常に特異な天然物質であり、古くから染色や塗料、あるいは清酒やみりんのおり下げ等に利用されてきました。現在も数多くの新規な用途開発が進んでおります。さらに、柿渋産業を発展させるためには、必然的に原料である、タンニン含量の高い、扱いやすい原料渋柿を増産する必要があります。本ワークショップでは、優秀な原料柿の一つである「天王柿」の生産に関して苗の観察と交流をしたいと考えています。

■テーマ・講師:
1.柿渋原料柿、天王柿の発芽と育苗の観察
2.増産に向けた市民交流会
 当日、新潟県長岡市の「紙糸」を使って製作された反物や着物が
 複数展示されており、合わせてご覧いただける予定です。
 柿渋の貴重な利用方法かと思います。
■日  時: 平成29年2月9日(木)午前11時から1時間程度
■会  場: 株式会社三桝嘉七商店 と付属の畑  ※現地集合
  木津川市【いずみホール】の北側
  〒619-0217 京都府木津川市木津町宮ノ内9番地
  Tel.0774-72-0216
 ●近鉄電車ご利用の場合
  京都線高の原駅下車。車で約10分。
  京都駅から約35分、難波駅から約40分(西大寺駅乗り換え)
 ●JRご利用の場合
  奈良線木津駅下車。車で約5分。(徒歩約15分)
 ●地図
  http://www.mimasu-kakishibu.com/access.html
■参 加 費  :無料
 参加申し込みは不要ですのでご興味がある方は自由にご参加ください。