第3回講演会 動画配信など

柿渋ニューワールドへの扉を拓く <第3回講演会 動画配信>
 
- その魅力と課題、そしてエコ社会の再生へ -   
0. オープニング  
講演会の趣旨と研究会の活動内容
              および国立国会図書館と共催する意義
柿渋・カキタンニン研究会 会長  松尾友明


1.柿渋原料果実の生産向上に向けての課題克服について
奈良県農業研究開発センタ- 加工科総括研究員  濱崎 貞弘

2.渋柿の渋の抜ける、抜けないのはどうして決まる?!
京都府立大学大学院・教授  板井 章浩
 

3.渋柿の渋み成分の悪酔い防止効果とサプリメント販売戦略
島根大学生物資源科学部・教授 板村 裕之

4.染料屋から見た柿渋の魅力と課題
田中直染料店 9代目社長  田中 直輔

5.柿渋研究の情報基盤を考える:
 デ-タベ-スの活用からみえるもの

国立国会図書館関西館 文献提供課 依田 紀久