カウンタ

ご訪問296875

facebookもご覧ください

 

柿渋・カキタンニン研究会のホームページへようこそ!

柿渋・カキタンニン研究会の主な活動目標

(1)柿渋の原料柿の生産を拡大
(2)柿渋の生産および品質を向上
(3)柿渋の実用的利用を活性化
(4)柿渋文化の継承、教育、広報
これらの課題解決と組織作り、後継者育成を目指して、人的情報的技術的交流の核になることを目標にしています。

"Kakishibu" and the mission 

English page

 

柿渋を未来につなごう!

柿渋について学びたい方は、柿渋情報総合サイト https://kakishibu.co/ もご覧ください。
※KGI(けいはんなグリーンイノベーションフォーラム様制作)一部工事中です。
 

お知らせ・ニュース

最新情報 >> 記事詳細

2017/02/23

柿渋原料柿に関する開発・研究報告・農場見学のご案内<終了>

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

柿渋原料柿に関する開発・研究報告・農場見学

■テーマ・講師:
1.柿渋原料柿の増産に関する技術開発への試行
 『発芽苗の養液栽培の可能性と柿遺伝資源の基礎研究』
 および 地域貢献型特別研究の報告
2.意見交換後、短時間の研究室と農場の見学
■日  時: 平成29年2月27日午後1時30分から1時間半程度
■会  場: 京都府立大学精華キャンパス  ※正面玄関内に現地集合
   京都府立大学精華キャンパス付属農場
   蔬菜花卉研究室内ゼミ室
   *京都府相楽郡精華町大字北稲八間小字大路74番地
    (電話)0774-93-3251 (FAX)0774-93-3260
 アクセス
■参 加 費  :無料
 参加申し込みは不要ですのでご興味がある方は自由にご参加ください。

17:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)