カウンタ

ご訪問206948

facebookもご覧ください

 

柿渋・カキタンニン研究会のホームページへようこそ!

柿渋・カキタンニン研究会の主な活動目標

(1)柿渋の原料柿の生産を拡大
(2)柿渋の生産および品質を向上
(3)柿渋の実用的利用を活性化
(4)柿渋文化の継承、教育、広報
これらの技術開発と組織作り、後継者育成を目指しながら、さらに産学官一体となった人的情報的技術的ネットワークの核になることを期待し努力してまいります。

"Kakishibu" and the mission 

English page

 

柿渋を未来につなごう!

柿渋について学びたい方は、柿渋情報総合サイト https://kakishibu.co/ もご覧ください。
※KGI(けいはんなグリーンイノベーションフォーラム様制作)一部工事中です。
 

お知らせ・ニュース

最新情報 >> 記事詳細

2019/12/28

柿渋ガイドマップ作成に関するワークショップⅡ開催のご案内【終了】

Tweet ThisSend to Facebook | by:編集担当

柿渋ガイドマップ作成に関するワークショップⅡ開催のご案内

 

今回は、興味ある話題提供を含め2部構成で開催致しますので、多数の方々のご参加をお待ち申し上げます。

日 時 :令和2年1月18日(土)10時半~12時

◆場 所 :イオンモール高の原4階 コスモスホール

      近鉄京都線高の原駅下車すぐ(電話:0774-75-2500

◆参 加 :無料、お申込み不要

◆テーマ :

1.第1部:Kakishibuを 世界標準に!」ビジネスコンペでの優勝への道

       木津高校 松田 俊彦 様

いくつかのマスメディアで既に取り上げられ有名になっていますように、木津高校のシステム園芸学科の生徒さん達が関西大学ビジネスプランコンペティションで優勝され、また内閣府の「SDGs まちづくりアイデアコンテスト」でも最優秀賞次席に選ばれており、興味深い色々なお話が聞けると思います。.

2.第2部:柿渋ガイドマップ作成ワークショップ

研究会では、今年度は主な活動の1つとして山城地域の柿渋ガイドマップを作成することを目指しております。

この地域の柿渋に関する「モノとコト」に着目した、他に類を見ないマップを作成することを目指して、渋屋さんを中心に様々な情報を収集して、順次地図に落とし込んでおります。

今回のワークショップでは、マップ作成の進捗状況をご説明して、皆様のご意見やアドバイスをいただきたいと考えております。

 

=次回のお知らせ=

◆令和2年2月16日(日)10時半~ ◆高の原イオン「コスモスホール」

柿渋ガイドマップ発表と特別講演を予定しております。

「伝統的製茶と柿渋」についての講演と、山城地域の柿渋に関する「コトとモノ」を集めた珍しい地図を発表いたします。

柿渋カキタンニン研究会

代表 松尾 友明


21:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)