柿渋・カキタンニン研究会のホームページへようこそ!

柿渋・カキタンニン研究会の主な活動目標

(1)柿渋の原料柿の生産を拡大
(2)柿渋の生産および品質を向上
(3)柿渋の実用的利用を活性化
(4)柿渋文化の継承、教育、広報
これらの技術開発と組織作り、後継者育成を目指しながら、さらに産学官一体となった人的情報的技術的ネットワークの核になることを期待し努力してまいります。

"Kakishibu" and the mission 

English page

 

お知らせ・ニュース

最新情報 >> 記事詳細

2019/10/28new

京都スマートシティエキスポ2019”へ出展・展示しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:編集担当

“京都スマートシティエキスポ2019”へ出展・展示しました

10月3日~4日に、「けいはんなビジネスメッセ2019」と合同で「京都スマートシティエキスポ2019 」が、京都府の‘けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)’で開催されました。

 

当研究会としましては、「柿渋の魅力や不思議」をより広く社会に認知していただき、新しいビジネスチャンスが生まれることを期待して、初めての試みでしたが展示・出展いたしました。

展示内容は、昨年発行の「けいはんな科学絵本:柿渋とカキタンニン」と、伝統的な柿渋製品を中心に研究会の活動内容、柿渋に関する主要な書籍・文献でした。

また、賛助会員の方から要望がありました、パンフレット、商品、試供品、宣伝用ボールペンなどを配布・展示および説明をいたしました。

ご協力いただきました賛助会員の皆様には厚く御礼申し上げます。

 

展示ブースには、柿渋に興味を持っていただいた一般の企業の方はもちろん朝日新聞の記者の方や小学館の方、木津高校の生徒さん達、および一般市民の方など幅広く色んな方々に訪問いただきました。

説明を熱心に聞いていただき、活発な質疑応答をすることができ、大変濃厚で有意義な時間が過ごせたと感じております。

機会があれば、このようなイベントに今後も積極的に参加したいと考えております。

目指せ、2025大阪万博 !

柿渋・カキタンニン研究会会長 松尾友明

 

※「けいはんなビジネスメッセ2019https://khn-messe.jp/

※「京都スマートシティエキスポ2019 https://expo.smartcity.kyoto/



10:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)